献呈式とは?

Pocket

献呈式とは、文字通り、理念芸術を渡す際に行われる儀式のようなもの。
献呈する時点で、この時点では絵は完成していない。最後のピースが抜けている。
それは何か・・・。
サインである。
アーティストは自分の作品にサインをするものだ。
なぜ被献呈者がアーティストなのか?
この作品に描かれているのは被献呈者の成したい世界観だ。我々はそれを芸術という力で形にする。
そして、被献呈者はその世界観を現実世界の具現化するという意味でアーティストだからだ。
最後は被献呈者のサインによって絵は作品という形で完成を迎え、モデル兼被献呈者にとっては「自らの世界観に向かって進み続ける」旅が始まるのである。
Pocket

The following two tabs change content below.
「世界を痛快一変する」こと信条に企てを実行するKAIDENDOの創始者。 強みは、人と組織の持つ世界観を芸術化できること。 その強みを活かし、人や組織の持つ理念を芸術可視化するサービス「RINE」運営。 現在は、ライフログサービスYATAABA開発中。

0 comments on “献呈式とは?Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です