[RINEno.7]_人の運命そのものを変える仕事を・・・とあるインキュベーション社長の野望

Pocket

no7_人々のライススタイルに衝撃を与える_compressed

[no.7]とある起業家
理念「人々のライススタイルに衝撃を与える」(2014.05/23完成)

今回はとある起業家が持つ「人々のライフスタイルに衝撃を与える」という企業理念です。

「普通では満足しない。人の運命そのものを変えてしまうような仕事がしたい。」という根源的な思いを胸に、「お金に代え難く、自分にしかできないもの、未だになくて、なくなったら困るような環境をつくりたい」という基準にそって事業を磨いています。

解説

この絵はとある起業家の理念である「人々のライフスタイルに衝撃を与える」を表現したものです。

人々の運命転換点(ポインター)を切り替えて、人々の運命そのものを衝撃的に変えてしまう世界観が描かれている。

物語は、左下から右上に向かった進行する。

左下にはトンネルの中で人生というレールを進んでいる人がいる。そのまま進めば今まで通りの人生を進んで行くだろう。そんな人生に突如転換の時が訪れる。

左上部の青い人影は、人々を衝撃的な世界へと誘う案内人であり人生の転換点(ポインター)を切り替えている。

青い人影により従来のレールを外れた人々はライオンに乗せられて、衝撃的な世界へと誘われる。

右半分に描かれている衝撃的な世界では、時間の経過と共に力をつけ価値を生み出している。大樹は生態系や国や環境を表し、その周囲を時計の針とバーと人々が囲んでいる。

最初は力も弱く生み出せる価値の小さい。だが、時間の経過と共に生み出す価値を増大していきゆくゆくは自己実現を果たし世界に大きな価値と衝撃を与える世界観が描かれている。

 最終下書

Pocket

The following two tabs change content below.
「世界を痛快一変する」こと信条に企てを実行するKAIDENDOの創始者。 強みは、人と組織の持つ世界観を芸術化できること。 その強みを活かし、人や組織の持つ理念を芸術可視化するサービス「RINE」運営。 現在は、ライフログサービスYATAABA開発中。

0 comments on “[RINEno.7]_人の運命そのものを変える仕事を・・・とあるインキュベーション社長の野望Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です