「娯楽の園」

Pocket


「娯楽の園」
厚紙にアクリル絵の具100×148mm
©2017.01/30 Nakamura Takuay/Kaidendo

概要

生まれ続ける創作物(コンテンツ)たち。その種類は実に多種多様で
収束することなく発散し続けようとする。
創作は創作を呼び、作り手(クリエイター)も受け手も楽しんで
人間らしい「娯楽の園」を作り続けているのだろう。
あなたならどんな答えを発散させる?

解説

我々は今、収束する世界で生きている。
それは人にとっては生きにくい世界だ。
フィットすればいいが、フィットしなければ地獄的。
それに対抗するため
もっと生きやすい世界・・・答えが発散する世界を
描いたのかもしれない。

追記
労働から解放されたとき、人は何をするだろうか。
多分、非合理的なことを楽しむかもしれない。
それぞれ大小の園(好きな人が集まり楽しんで地産地消するような場所)をつくりながら。
そんな世界が描かれているように思える。

作品を育ててみる

創造鑑賞家として、作品を育ててみよう。
作品の一時利用はこちら。RINEストアへ。

Pocket

The following two tabs change content below.
「世界を痛快一変する」こと信条に企てを実行するKAIDENDOの創始者。 強みは、人と組織の持つ世界観を芸術化できること。 その強みを活かし、人や組織の持つ理念を芸術可視化するサービス「RINE」運営。 現在は、ライフログサービスYATAABA開発中。

0 comments on “「娯楽の園」Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です